神戸徳洲会病院 医師・研修医募集サイト【兵庫県神戸市】

ホーム > 病院について > 特長

特長

 神戸徳洲会病院は神戸市垂水区に昭和61年5月に開設しました。垂水区(人口22万)は明石市に隣接し、淡路島、四国を結ぶ明石海峡大橋の起点となっています。また、日本の白浜青松百選の須磨浦公園・須磨浦海浜公園も近くにある山と海の美しい所です。
 当院は徳洲会の理念の下、24時間救急医療、高度先進医療、在宅医療などの多機能性を持つ地域中核病院です。特に阪神淡路大震災の際には徳洲会の災害医療の基地として稼動しました。(後の徳洲会災害医療のきっかけとなった) 整形外科・脳外科・心臓血管外科などあらゆる救急に対応でき、現在神戸市の民間病院で救急搬入件数はトップクラスとなり、隣接の明石・淡路からも搬入があります。さらに救急を受けるべく新築移転を計画中です。また病床数も一般病棟80床増床を行い今後さらに地域中核病院として飛躍していく構想を掲げています。


ページの先頭へ戻る

病院について

お問合せ

初期研修について

後期研修について