神戸徳洲会病院 医師・研修医募集サイト【兵庫県神戸市】

ホーム > 初期研修

初期研修について

初期研修プログラムは、救急医療と保健予防活動・プライマリーケアを基本とし、 総合的臨床能力を有する医師の育成を目的とする、総合診療方式(スーパーロー テイト方式)による2年間の初期臨床研修プログラムである。内科・外科・救急 (麻酔)科・小児科・産婦人科・精神科及び地域保健医療の各科ローテーションを 必須とし、初期救急医療からプライマリーケアを主とした研修をベースに問診・ 初期診断・初期治療の実際から適切な判断能力を身につけられるようにする。 具体的には初期臨床研修到達目標(厚生労働省)を目的としている。

研修の理念

臨床研修は、医師が医師としての人格をかん養し、将来専門とする分野にかかわらず、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応できるよう、基本的な診療能力を身につけることのできるものでなければならない。

GIO 一般目標

@ 患者様を全人的に見ることが出来る医師を育てる。
A 患者様の人間性を尊重する医師を育てる。
B 絶えず研鑽を深め、最新レベルの医療と安全な医療を提供出来る医師を育てる。
C 患者様に医療内容を十分に説明し同意に基づいた医療を提供する医師を育てる。
D 医療資源を有効に使い、適切な医療の出来る医師を育てる。



ページの先頭へ戻る

初期研修

お問合せ

後期研修について