神戸徳洲会病院 医師・研修医募集サイト【兵庫県神戸市】

ホーム > 初期研修 > プログラム

初期研修プログラム

研修スケジュール例

一年次

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科
外科
救急・麻酔科
救急診療

二年次

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
産婦人科
※1
小児科
※2
精神科
※3
地域医療
※4
選択
※5
救急診療

※1:宇治徳洲会病院・高砂西部病院
※2:宇治徳洲会病院・高砂西部病院
※3:関西青少年サナトリューム
※4:グループ病院25施設より選択
※5:内科・外科・心臓血管外科・整形外科・婦人科(神戸徳洲会病院)放射線科(宇治徳洲会病院・近江草津徳洲会病院)・緩和ケア(札幌南青洲病院)・脳神経外科病院(野崎徳洲会病院)・家庭医療(榛原綜合病院)・整形外科(宇治徳洲会病院)

プログラムの特徴

1)プログラム
同プログラムは、救急医療と保健予防活動、プライマリ・ケアを基本とし、総合的臨床能力を有する医師の育成を目的とする、総合診療方式(スーパーローテート方式)による2年間の初期臨床研修プログラムである。内科、外科、救急(麻酔)科、小児科、産婦人科、精神科及び地域保健医療の各科のローテーションを必須とし、初期救急医療からプライマリ・ケアを主とした研修をベースに問診、初期診断、初期治療の実際から適切な判断能力を身につけられるようにする。具体的には初期臨床研修到達目標(厚生労働省)を目的としている。

2)オリエンテーション
研修開始にあたり、研修上の注意点などについて、オリエンテーションを行う。また、各施設・各部門の案内等を行う。

3)研修期間割
必修科のうち内科(6ケ月)・外科(3ケ月)・救急、麻酔科(3ケ月)として1年次に研修し、2年次では残りの必修科である小児科(1ケ月)・産婦人科(2ケ月)・精神科(1ケ月)・離島僻地医療(2ケ月)を研修する。2年間を通して当直診療を行ない、救急治療も体得する。 2年次ではさらに選択(6ケ月)短期ローテイトとして整形外科・脳神経外科・心臓血管外科の研修もできる。 小児科・産婦人科研修は、宇治徳洲会病院、高砂西部病院、精神科研修については関西青少年サナトリューム、 僻地離島医療は静内病院、庄内余目病院、名瀬徳洲会病院、徳之島徳洲会病院、新庄徳洲会病院、大隅鹿屋病院、 屋久島徳洲会病院、喜界徳洲会病院、瀬戸内徳洲会病院、沖永良部徳洲会病院、与論徳洲会病院、宮古島徳洲会病院、生駒市立病院など、グループ病院25施設より選択。 選択科の緩和ケア研修については札幌南青洲病院、脳神経外科は野崎徳洲会病院、放射線科研修は近江草津徳洲会病院、家庭医療研修は榛原総合病院にて行う。 いずれの科も研修終了時点に研修医評価表を研修医・指導医の双方が記載し、研修内容の評価を行う。

4)救急研修
救急研修は1年次から2年次終了の2年間を通じてローテート科と重複して行うものとする。 当プログラムにおいて基礎となる救急研修は1,2次救急医療とプライマリーケアの修得の場であり、 初期診断からその適切なコンサルテーションまでの一連の基本的診療技術を研修する。

5)外来研修
指導医の下で、各科における外来研修を行う。

6) 副当直
1年次から月に4回〜5回程度で、副当直として、正当直と共に救急患者の診療に当たることで、1,2次、ときに3次にわたる救急医療を体験し、救急時の初期対応ができるようにする。 また、副当直を行う上での注意などにつき、各科部長・医長によるが行われる。

7) 保健予防活動
人間ドックの見学そして年に数回の予防接種や住民検診活動を行う。

8) 診療所(家庭医・かかりつけ医)及び介護施設にての短期研修。

9) 研修実行委員会
月1回研修実行委員会を開催し、研修上の問題点について話し合い、より良い研修を行うことを目指している。

10) その他
院内では、様々な勉強会や抄読会が行われている。都合のつく範囲で積極的に参加することが望ましい。

#1)オリエンテーションにおける研修上の注意点
01:医の倫理
02:医療事故防止および医療事故対策について
03:患者さんとの接し方と、信頼関係の構築
04:院内感染対策について
05:患者中心の医療とインホームドコンセントについて
06:指導医との密なるコミュニケーション
07:カルテの記載と退院時要約病歴
08:医療制度と診療報酬、医療保険と医療機関(保険医)について
09:診療情報提供(カルテ開示など)
10:その他

#2)説明
01:薬の処方について(* 特に小児の処方量について)
02:血管の確保および採血
* 静脈ラインの確保、動脈ラインの確保
* 静脈血採血、動脈血採血
03:心肺蘇生術のABC、CPR/ガイドライン2001、BLS/ACLS
04:ハートモニターの見方て
05:心電図の読み方
06:胸部レントゲンと胸部CTの読影
07:腹部レントゲン、腹部エコーと腹部CT
08:頭部CTと頭部MRI
09:モーニングカンファレンス
10:消化器カンファレンス
11:循環器カンファレンス

教育課程

指導体制
【内科, 外科, 救急, 小児科, 産婦人科】
研修医1〜2名に対し、原則として上級医と指導医とでチームをつくり、研修医 1人当り10名前後の患者を受け持ち、診療にあたると共に、ベッドサイドでの実践的な臨床指導を受ける。 尚、各科の指導責任者は研修医の全般においての監督、指導を行う。

【精神科】
研修医1名に対し、指導医1名をおく。

【整形外科,脳神経外科、心臓血管外科】
研修医1〜2名に対し、指導責任者ならびに指導医が直接指導を行う。

【地域保健・医療】
研修医1名に対し、指導医1名をおく。

研修評価
自己評価と指導医評価を記載する研修手帳を各自に配布し、毎週行う 研修医カンファレンスにおいて、その記載状況の点検を行うとともに 各科ローテート終了時にその結果の総点検を行う。

終了後のコース
3年次以降は、各科より毎年定められる定員の範囲内においてスタッフ として継続採用され、後期専門研修(ストレート)へ進むことができる。

ページの先頭へ戻る

初期研修

お問合せ

後期研修について